Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

大恋愛|4話ネタバレ感想!侑市が尚に告白…真司はその時!?

シェアする

大恋愛

11月2日(金)にドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」4話が放送しました。

尚の若年性アルツハイマーは刻一刻と進行しているのが分かります。第3話ラストでは真司に寄り添いながら「好き…侑市さん」と言った瞬間に筆者は画面の前でフリーズしちゃいました(笑)大恋愛 4話ではどんな進展があるのでしょうか?!

そんな本日は「大恋愛~僕を忘れる君と」4話のあらすじネタバレ感想をまとめてご紹介します。

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」4話のあらすじ!

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」4話のあらすじをチェック!

第4話「運命の相手」

侑市(松岡昌宏)へのコンプレックスから、少しでもお金を稼ごうと無謀なアルバイトで倒れてしまった真司(ムロツヨシ)。

病院に駆け付けた尚(戸田恵梨香)に正直に打ち明け、愛を確認し合った。
だが…、尚は真司に抱きしめられながらも、誤って侑市の名前を呼んでしまう。
名前を間違ったことに気づいていない尚。“侑市”と呼ばれた真司はショックを受けながらも、尚の病気のことを思い、気づかないふりをするが…。
一方尚は、日常生活での失敗が増え病気の進行を自覚する中で、真司の名前を呼び間違えたかもしれないと不安になる。

翌日、退院した真司と尚のもとに、引っ越し屋の先輩・木村(富澤たけし)が、職場に置いたままだった真司の荷物を持ってやってくる。
真司が小説家だったことを知らない木村に、尚は嬉しそうに真司の著作「砂にまみれたアンジェリカ」を手渡すのだった。
そんな中、レディースクリニックで尚が診察していた患者が、尚の病気に気づいて…。

引用:大恋愛~僕を忘れる君と 公式サイト

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」4話のあらすじネタバレ!

それではドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」4話のあらすじネタバレを簡単にご紹介します。

「好き、侑市さん」

腹痛を訴えて入院している真司(ムロツヨシ)に抱きしめられながら尚(戸田恵梨香)はそう言います。

真司はショックを受けますが、それは全て病気のせいだと自分に言い聞かせて気づかない振りをします。

しかし、真司はその言葉が頭から離れないでいました。

翌日、尚は真司の名前を間違えたかもしれないと不安になって真司に問いかけますが真司はとぼけます。

尚もそれ以上は聞きませんでした。

真司は元婚約者と名前を間違えられてとてもショックを受けたと思います。

それでも何も言わずに受け流す真司はとても優しくて良い男だと思いました。

二人で自宅に帰るとバイト先の先輩である木村(富澤たけし)が職場に置いたままだった真司の荷物を持ってやってきます。

そこで木村は真司のどこを好きになったのかと尚に聞きますが、尚は好きになるのに理由はないと答えるのでした。

侑市(松岡昌宏)は結婚をとりやめてから母親の千賀子(夏樹陽子)に勧められるがままに何人かの女性とお見合いをしますが、尚以上の人はいませんでした。

お見合いをするたびに尚のことを思い出していました。

そんな時にレイ(桜井ユキ)とお見合いをします。

レイは尚の時と同様、自分の血液検査のデータを侑市に差し出します。

レイから付き合って欲しいと言われて侑市は承諾するのでした。

侑市は尚のことが本当に好きだったのだと思います。

尚のことを忘れようとしてレイと付き合うことに決めましたが、それはレイに対しても失礼だと感じました。

結局レイと一緒にいるほど尚のことを思い出してしまう気がします。

尚の担当患者だったはたの(高橋ひとみ)は主治医が薫(草刈民代)に代わったことで不信感を抱きます。

偶然大学病院で尚が精神科外来に入っていくところを目撃してアルツハイマー病を疑うようになります。

そんな医師が患者を診ていることに納得できずに、クリニックの掲示板に病院を批判するような書き込みをします。

それを見た他の患者から問い合わせや予約をキャンセルする電話が殺到します。

そして厚生労働省の医師免許審議室からも話を聞きたいと電話がかかってきます。

厚生労働省との面談の日、侑市も自ら説明したいと面談に付き添うことにしました。

そこで侑市の話を聞き、今回の件は審議対象ではないという結論が出て事なきを得ました。

真司は尚が侑市を頼りにしていることに次第に嫉妬心を抱き始めます。

尚に自分のことを侑市と呼び間違えたことを伝えると、尚は病気だから仕方がないと言い家を出て行きます。

そして尚のことを待っていた侑市から僕には尚が必要だと言われます。

尚は自分が愛しいるのは真司だと伝えて真司の元に戻ります。

しかし、真司からは「別れよう」と言われてしまうのでした。

侑市に対する嫉妬から出てしまった言葉で、真司は本当に尚と別れたいとは思っていないと思います。

自分が何もできない歯がゆさから出てしまった言葉のように感じました。

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」4話の感想!

放送終了後に全力で執筆します!

まとめ

11月2日(金)に放送するドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」4話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

真司は尚のことを小説に書くことを伝えます。

尚は「私のこと好きに書いていいから」と言い、真司は本格的に小説を書くことに。

尚が真司の名前を呼び間違えたのかもと不安になるシーンは涙なくして見ることは出来ません。

真司も病気だから仕方がないと割り切らないと辛いですよね。

でもよりによって元婚約者の名前と間違われるのは正直、辛すぎると思います。

病気だと理解していても相当、傷ついてしまいますよね。

そして、嫌なことは連鎖して起こります。

尚の病気に気がついた患者が尚のクリニックの評判を悪くさせてしまいました。

若年性アルツハイマーを患った医師が診察をしているとなると、やはりただ事では済みませんからね。

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」4話の戸田恵梨香さんの迫真の演技は必見ですよ!

関 連 記 事

シェアする

フォローする