Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ルームロンダリング|1話のネタバレ感想!ワケあり物件に住む御子!

シェアする

ルームロンダリング引用:https://www.mbs.jp/roomlaundering/

2018年11月6日(火)から放送が始まるドラマ「ルームロンダリング」

主人公・八雲御子を演じるのは池田エライザさん。

御子はオダギリジョーさん演じる叔父・雷土悟郎が見つけてくるワケあり物件に住み込み事故履歴を帳消しにする役割を担っています。次から次に紹介された事故物件に住み込む御子の元に成仏できない幽霊達が現れます。

そんな本日はドラマ「ルームロンダリング」1話のあらすじネタバレ感想をご紹介したいと思います。

ドラマ「ルームロンダリング」1話のあらすじ!

第1話「1LDK・6万円・撲殺 A面」
叔父の悟郎(オダギリジョー)から依頼された”ルームロンダリング”の仕事のため、マンション「トアル」に越してきた八雲御子(池田エライザ)。その部屋の床下収納には、組のお金を持ち逃げしたのがバレて、撲殺されたチンピラの幽霊・山尾純也(矢本悠馬)がいた!
この世に未練たらたらな純也が成仏できずにいるその理由は、元恋人でサンバパブで働くキャンディだった。御子は純也に頼まれ、キャンディの様子を見に行くことになり…!?
一方、悟郎も「トアル」での事件を、西前(田口トモロヲ)や刑事の銭亀から聞き出し捜索し始める。

引用:ルームロンダリング 公式サイト

ドラマ「ルームロンダリング」1話のネタバレ感想!

ドラマ「ルームロンダリング」1話のネタバレ感想をご紹介します。

主人公は・八雲御子(池田エライザ)という女の子。

叔父の悟郎(オダギリジョー)から頼まれたルームロンダリングの仕事で「トアル」に引っ越して来た御子。

ルームロンダリングとはアパートやマンションなどの事故物件に一定期間住み込み、事故履歴を帳消しにする仕事です。

実際に事故物件に1ヶ月ほど住民が住めばその次に契約する住民に報告義務はなくなるので、現実の世界でもあるようですよ。

よく中国人が事故物件に1ヶ月だけ住むアルバイトをしているというのを風の噂で聞いたことがあります。

八雲御子が引っ越してきたマンション「トアル」の一室で起こった事件は組のお金を持ち逃げしたチンピラが撲殺され部屋にある床下収納に遺棄されました。

チンピラ・山尾純也(矢本悠馬)が幽霊となって御子の前に現れた理由はこの世に未練があるからです。

その未練とはサンバパブで働く元恋人・キャンディでした。

キャンディの様子が気になり成仏することが出来ない純也は御子に様子を見て来てくれとお願いをします。

それと同時に悟郎もマンション「トアル」で起こった事件のことを刑事などに聞き込みを始めることに。

事故物件を浄化する御子と、次から次に事故物件を紹介する悟郎。

幽霊が見える御子だからこそルームロンダリングという仕事をすることが出来るんですね。

ネットやTwitterの反応は?

放送終了後に全力で執筆します!

まとめ

11月6日(火)から放送が始まったドラマ「ルームロンダリング」1話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

主人公・八雲御子の不思議な性格が、幽霊を引き寄せているのでしょう。

毎回、いろんな事故物件を浄化していくのでこれからのストーリーも目が離せません!!

ドラマ「ルームロンダリング」をお見逃しなく!!

関 連 記 事

シェアする

フォローする