Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

けもなれ|6話のネタバレ感想!橘カイジと呉羽の結婚の真相は?

シェアする

獣になれない私たち引用:https://www.ntv.co.jp/kemonare/

11月14日(水)にドラマ「獣になれない私たち(けもなれ)」6話が放送します。

前回の放送ラストシーンでパソコン画面に「Welcome to the new world.」そして「Play」という謎めいた文字が入力されました。橘カイジの存在が一体誰なのかとても気になりますよね。

そんな本日は「獣になれない私たち(けもなれ)」6話のあらすじネタバレ感想をまとめてご紹介します。

獣になれない私たち(けもなれ)6話のあらすじ!

晶(新垣結衣)と恒星(松田龍平)の路上でのキスを目撃した呉羽(菊地凛子)と三郎(一ノ瀬ワタル)。
そのまま4人で5tapで飲むことに。呉羽は2人のキスを見ても全く態度が変わらず上機嫌。

そして、「明るすぎる」晶の変化に気づいた恒星は・・・

今からみんなで夫の橘カイジの仕事関係のパーティーに行こう!と誘うも、恒星は晶と約束があるからいかないと冷たく断る。
しかしカイジのことが気になっている恒星は、後日パーティーの様子を三郎から聞き出そうとするも肝心のことがよくわからない。そんな中、恒星は呉羽とカイジの結婚についての「不穏な噂」を聞いてしまう…

一方、朱里(黒木華)が居座り続けるマンションから遂に出てきたことを晶に告げられないままの京谷(田中圭)。
朱里は部屋に残された京谷の荷物の中から、晶からきていた年賀状を見つける。
住所をみた朱里は晶の家に向かうも、ふらっと5tapに立ち寄る。そこではちょうど恒星とタクラマカン斎藤(松尾貴史)が話し込んでおり、なぜか朱里も一緒に話の輪に入って飲み始め・・・

引用:獣になれない私たち 公式サイト

獣になれない私たち(けもなれ)6話のあらすじネタバレ!

ドラマ「獣になれない私たち」6話のあらすじネタバレをご紹介します。

第5話のラストから少しおさらいしていきましょう。

朱里のパソコンに「produce by kaiji tachibana.Welcome to the new world.」そして「Play」という謎の文字が現れました。

朱里が熱心にやっていたPCゲームは橘カイジが製作したものだったんです。

5tapの前を歩いている晶に京谷から「今、家にいる?これから会える?」とラインが届きました。

そのラインを見た晶は深いタメ息を吐き、5tapに入ろうかそれとも帰ろうか悩んでいるところに恒星が出て来ました。

恒星に「京谷と会うと許しちゃう。だからこれから来るって言われても会いたくない…。」と話しをしました。

そんな時にちょうど京谷が歩いて来たのに気が付いた晶は恒星にいきなりキスをしてしまいます。

橘カイジのパーティーに参加?!

恒星とキスをしているところを京谷に見られただけではなく呉羽と三郎に目撃されてしまいます。

三郎はわーわー騒いでいますが、呉羽はキスをしたところを見かけても特になにも変わりません。

4人で5tapで飲み始めた時に呉羽が夫の橘カイジのパーティーにみんなで行こうと騒ぎ出しますが恒星は晶と約束があるからと断ります。

呉羽は「晶ちゃんと一緒に来ればいいじゃない?」と言いますが、恒星はそれでも頑なに断ります。

晶は恒星に呼び捨てで呼ばれたことで「恒星さんは呉羽さんのこと自分が思っている以上に好きなんだと思う。」と言いました。

恒星は橘カイジのことが気になっているようで後日、三郎にパーティーの様子を聞きだそうとしますが、大事なところをよく分かっていませんでした。

三郎が見た橘カイジの印象は年齢不詳、見た目も不詳、でも家系ラーメンが好きだという情報だけでした。

ですが、三郎が唯一気になったことは、トイレに行った時に派手な洋服を着た二人組みの男性が「橘カイジと呉羽は偽装結婚だ。」と言っていたと恒星に伝えました。

呉羽と橘カイジは偽装結婚だった?!

恒星は呉羽と橘カイジが偽装結婚だったという噂を聞いて周りに聞き込みをします。

呉羽は前に所属していた事務所で契約違反をしてしまい、金銭を要求されていたのではないか、橘カイジと結婚することで違約金はチャラになるのではないかと予想した恒星。

呉羽は橘カイジのことが好きで結婚したのではないと知る恒星はとても複雑な気分になります。

京谷は自分の家を出たことを晶に伝えることが出来ずモヤモヤしています。

朱里は晶が家に残した荷物の中から京谷宛の晶の年賀状を発見!

その年賀状を元に晶の家に向かおうとする朱里。

ですが、晶の家に向かう途中に何気なく入った5tapで恒星とマスターと一緒に飲むことになるのですが…。

恒星とマスターが橘カイジのことを話していると、朱里がふたりの会話に割って入りました。

朱里がプレイしていたPCゲームを作ったのが橘カイジだったのです。

橘カイジの話しに火が付いた朱里はいつも以上にテンションが上がりひとりでしゃべっています。

そこで晶が5tapに入って来ました。

朱里がいち早く気が付き、顔を見られないようにトイレに入ることに成功!(どんだけ行動が早いんだと思ってしまいましたw)

晶が恒星に「今の人は常連さん?」と聞くと「ブライダル関係の仕事をしている人らしい。」と。

晶は「へぇ~ブライダル関係の人。思い出しちゃうなぁ。」と良い、京谷の家に行き朱里と言い合いをしたことを話しました。

なかなかトレイから出て来ない朱里を心配になった晶がトイレに行き話しかけると突然ドアを開けてダッシュで逃げてしまいました。

晶はその様子を見てもしかすると京谷の元カノなのかもと言いました。

呉羽が子宮筋腫だったことが判明!

呉羽は子宮筋腫という病気で子宮を全摘出する手術を行なっていました。

恒星とは良い付き合いをしていたけど何でも話せる関係ではなかったと晶に話しました。

一足先に、呉羽のショップに来ていた恒星はその話を隠れて聞いていました。

呉羽は「恒星に病気のことを言ったらきっと子供なんて生めなくても気にするな。」と言うだろうと、それが分かっていたから余計に言えなかったと話します。

恒星はその話を聞き苛立ちを隠せない様子で部屋から出ていき、呉羽は晶にフォローをお願いと伝えます。

恒星に追いついた晶は「恒星さんは自分が思っている以上に呉羽さんのことが好きなんです。今度、橘カイジに会ってみたらどうですか?」と言いました。

会って大したことない人間だったら獣のように奪ってしまえばいいと…。

獣になれない私たち(けもなれ)6話の感想!

ドラマ「獣になれない私たち」6話の放送が終了しましたね。

個人的に面白かったのは樫村地所とツクモ・クリエイト・ジャパンの会食場面ですね。

松任谷さんのキャラが濃過ぎるし、いちいち食ってかかる姿に思わずクスっとしちゃいました(笑)

そして呉羽がまさかの病気で手術をしていたことも驚きでしたね。

子供を生めない体になってしまったことを恒星に言えない気持ちも分かりますが、逆に恒星が怒る気持ちもよく分かります。

言う価値もない男なのかよ!と怒っていましたが、本当にそうですよね。

けもなれ第6話で恒星がなぜ札束の1万円をわざわざ使ったのか、そしてあの300万円はなんのお金なのか気になります。

朱里も本当に悪い女ですよねー。

黒木華さんはとても好きな女優さんなんですが、けもなれに登場する朱里は本当に嫌いです(笑)

お願いだから千春の酢は売らないでー!と思ってしまいます。

ネットやTwitterの反応は?

けもなれ6話で注目されるのはやはり呉羽だと思いますね。

呉羽の気持ちを考えると泣けてくるという意見がとても多いです。

男性目線と女性目線では感じ方がまったく違うドラマなんだなと改めて感じました。

まとめ

11月14日(水)に放送するドラマ「獣になれない私たち」6話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

恒星が思った以上に呉羽の旦那・橘カイジのことに執着していますよね。

呉羽のことが本当は好きだったのか、それとも橘カイジ自身に興味があるのかは分かりませんが…。

そして呉羽と橘カイジの結婚の真相についても驚いてしまいましたね。

ドラマ「獣になれない私たち」も終盤に差し掛かってきましたが、来週も見逃さないようにしましょう。

関 連 記 事

シェアする

フォローする