Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

東海道新幹線の券売機はなぜ使えない?故障原因や理由を調査!

シェアする

新幹線の券売機

2019年2月15日(金)に東海道新幹線の自動券売機が使えなくなったという報道が流れました。

自動券売機が使えなくなったということで駅員さんのいる場所でしか、新幹線の切符を買うことができません。しかも復旧の目途がまったく立っていないようなので、名古屋駅では混乱が起こっているようです。

スポンサーリンク

そこで東海道新幹線の自動券売機がなぜ使えないのか、故障原因と理由について詳しくご紹介したいと思います。

東海道新幹線の自動券売機はなぜ使えないの?

まず東海道新幹線の自動券売機はなぜ使えないのか、こちらについて調べてみました。

調べてみましたが、故障原因は不明とのことでした。

故障原因が分からず、まったく動かなくなってしまったそうです。

今現在、復旧の目途は一切立っていないので新幹線の切符を購入する場合はみどりの窓口を利用するか、エクスプレス予約やスマートEXを利用すると良いですよ。

今、名古屋駅の窓口では長蛇の列が発生し、かなり混雑しているようです。

仕事で新幹線を使う人にとってはなんでこのタイミングで!とイライラしちゃいますよね。

名古屋駅以外の駅でも券売機トラブルが発生しているので、これからお出かけの人は情報を把握してから家を出るようにしましょう。

新幹線以外の在来線などの切符は通常通り購入することが出来るそうです。

東海道新幹線の自動券売機故障の原因と理由は?

故障原因がまったく分からない東海道新幹線の自動券売機トラブル。

考えられる故障原因についてまとめておきます。

  • 紙幣の識別不良
  • 発券時の紙詰まり
  • 硬貨の詰まり

券売機が故障する原因をいくつかまとめてみました。

紙幣の識別不良や発券時の紙詰まりなどはよく起こるそうで、これが原因で券売機が故障したのかもしれませんね。

ですが、券売機一箇所だけ壊れたというわけではなくいくつかの券売機が同時に壊れたので紙幣の識別不良や発券時の紙詰まりはまずありえません。

硬化の詰まりも考えずらいですね。

スポンサーリンク

Twitterを見ているとハッキングされたのでは?という意見もありました。

故障原因は今の段階では分かっていませんし、復旧の目途も立っていないということは識別不良や紙詰まりという簡単な原因ではないと思います。

機械故障が原因の場合、外部からの攻撃でそうなってしまった可能性は大いにありますよね。

故障原因については今、探っているようなのでもうしばらく情報をお待ちください。

東海道新幹線の自動券売機故障についてSNSの反応は?

最後に東海道新幹線の自動券売機故障についてSNSの反応をまとめてみました。

券売機故障は名古屋だけではなく静岡や横浜でも起こっているという情報がありました。

もしかしてその他でも券売機故障が続出している可能性もありますね。

金曜日なのでこれから旅行とかに行く人もたくさんいると思うし、さらに混乱しそうです。

いち早く復旧して欲しいなと思いますね。

まとめ

東海道新幹線の自動券売機がなぜ使えないのか、故障原因と理由について詳しくご紹介しました。

今現在、券売機故障について詳しく調査中とのことで、原因が分かり次第、また追記しますね。

復旧の目途がまったく立っていないので切符を購入したい方はみどりの窓口に並ぶかエクスプレス予約やスマートEXを利用しましょう。

続報を待ちたいと思います!!

スポンサーリンク

関 連 記 事

シェアする

フォローする