Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アルツハイマーは緑茶でうがいをすると改善効果があるって本当?

シェアする

緑茶

ある一定の年齢になると気になってくるのがアルツハイマーや認知症だと思います。

最近、なんだか物忘れが激しいな…と自分で思ったり、家族や友人に「物忘れ多くない?」と指摘されたりすると少しドキっとしてしまいますよね。でも初期のアルツハイマーなら驚くべき改善方法があるんです。

スポンサーリンク

それは緑茶でうがいをすると初期のアルツハイマーなら改善効果が期待されるということです。ちょっと気になる新常識なので徹底的に調査してみたのでご紹介しますね。

アルツハイマーは緑茶でうがいをすると改善するって本当?

アルツハイマーや認知症ってどれくらいの人が発症するのか知っていますか?

今後2025年までに65歳以上の5人に1人がアルツハイマーや認知症に発症すると言われているんです。

昨今、医療の進化により人生100年とよく言われていますが、高齢化社会が進むにつれ認知症に発症する人がどんどん増えてくる可能性があります。

それを考えると他人事ではありませんよね。

アルツハイマーや認知症に関しては治療すれば必ず症状がよくなる薬が今のところありません。

薬で症状を遅らせることは出来ても確実に治る効果のある薬がないのでやっかいなんですよね。

そんな中、アルツハイマーや認知症予防には緑茶が効果的という研究結果が発表されました。

緑茶をたくさん飲む人はアルツハイマーや認知症に発症する確率がかなり低くなるとされています。

アルツハイマー予防になぜ緑茶がいいの?

気になるのがなぜアルツハイマーや認知症予防に緑茶が効果的なのか気になりますよね。

緑茶のどんな成分に予防効果があるのか調べてみました。

  • カテキンに抗酸化作用
  • ポリフェノール類の抗炎症作用
  • ポリフェノール類の血管保護作用

まずひとつずつ簡単に説明していきましょう。

カテキンに抗酸化作用

カテキンが豊富に含まれている緑茶には独特な渋みがありますよね。

アルツハイマーや認知症が発症する原因は酸化ストレスと言われています。

お茶に含まれるカテキンが酸化ストレスを軽減させる研究結果が報告されています。

ポリフェノール類の抗炎症作用

脳が炎症を起こすとアルツハイマーや認知症を発症すると言われています。

お茶に含まれるポリフェノール類は脳の炎症を軽減させる効果があると言われています。

ポリフェノール類の血管保護作用

動脈硬化が進んだり血栓が出来たりするとアルツハイマーや認知症を発症すると言われています。

お茶に含まれるポリフェノール類は血管の健康を促し血栓が出来るのを抑制してくれます。

以上のことから緑茶はアルツハイマーや認知症予防に効果的と言われているんです。

ですが、この研究結果は動物を対照に行なわれたものなので人間に対しては果たして効果があるのか?と言われているので早急に人間に対しての研究結果を発表して欲しいという声も多いのです。

スポンサーリンク

人間に対する実験も行なわれてはいるのですが、その効果が確かなものか不明のようですね。

ですので緑茶でうがいをしたり毎日飲んだからといって必ずしもアルツハイマー予防や改善効果があるというわけではないので飲みすぎには注意してください。

でも緑茶を飲むとさまざまな健康に対する効果があるのは間違いありません。

関連記事:さつまいもは脳に良い野菜なの?成分や効果・効能を調査!

緑茶でうがいをするとどんなメリットがある?

お茶のイラスト

緑茶でうがいをするとアルツハイマー予防に効果がある!と思ってしまった人は少しガッカリしたかもしれません。

でも緑茶でうがいをするといろいろなメリットがあるんですよ。

  • 風邪の予防
  • インフルエンザ予防
  • 口臭予防
  • 虫歯予防

緑茶に含まれるカテキンには殺菌作用があります。

風邪を引いたときに喉の痛みを感じるのは菌が付着し炎症を起こしているからです。

緑茶でうがいをすることで喉に付着した菌を殺菌してくれます。

その他、インフルエンザなどの新たなウイルスや細菌の侵入を防ぐ効果も期待されます。

風邪やインフルエンザ予防だけではなく口臭や虫歯予防にも効果が期待されるので緑茶でうがいをするメリットはたくさんあるなと思いました。

緑茶でうがいをする以外にアルツハイマーを予防するには?

緑茶でうがいをする以外にアルツハイマーや認知症を予防する方法はあるのでしょうか。

アルツハイマーのやっかいなところは進行性の認知症で今のところ確実な治療法が発見されていないことです。

ですのでアルツハイマーや認知症にかからないように日々、予防をすることが大事なんです。

初期アルツハイマーや軽度認知症の場合、予防や改善方法はあるので諦めないでくださいね。

では初期アルツハイマーや軽度認知症を予防、改善するには何をすればいいのでしょうか。

それは、運動と睡眠のふたつです。

え?たったのそれだけ?と思ったかもしれませんが適度な運動と質の良い睡眠は初期アルツハイマーや軽度認知症の予防&改善効果があると研究結果が出ています。

ウォーキングや軽いジョギング、エアロバイクなど有酸素運動が良いといわれています。

さらに最近物忘れが多いなと思った方は睡眠の質を高めることも効果的と言われています。

まとめ

緑茶でうがいをするとアルツハイマー改善効果が期待できる?という疑問について詳しくご紹介しました。

高齢化社会が進んでいるので今後、アルツハイマーや認知症患者がどんどん増えてくると思います。

確実な治療法がないのでこれはかなり深刻な問題になってきますよね。

まずはひとりひとりがアルツハイマーや認知症に発症しないように日ごろから予防をしていく必要があると思います。

スポンサーリンク

関 連 記 事

シェアする

フォローする