Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ケツメイシRYOJIのコロナ感染経路は?濃厚接触者は誰なのか調査!

シェアする

雨の中で佇む女性

新型コロナウイルス感染のニュースが毎日、飛び込んできますがここ数日、芸能人の感染ニュースが特に目立ちますね。

志村けんさんを始め、宮藤官九郎さん、その他、アスリート選手などもコロナに感染しています。そして本日、ケツメイシRYOJI(リョージ)さんがコロナ感染したという驚くニュースが飛び込んできました。

スポンサーリンク

そこでケツメイシRYOJI(リョージ)さんのコロナ感染経路はどこなのか、そして濃厚接触者は誰なのかを詳しく調査してみました。

ケツメイシRYOJI(リョージ)のコロナ感染経路は?

まずはじめに気になるのがケツメイシRYOJI(リョージ)さんの感染経路だと思います。

情報の出どころは本日1日にケツメイシ公式サイトで発表されました。

公式サイトには下記、記載がありました。

ケツメイシのRYOJIですが、3月22日(日)より発熱状態が続き、静養しておりましたが、
3月30日(月)にPCR検査をおこなった結果、3月31日(火)に新型コロナウイルス陽性と診断されました。

RYOJI本人は、今日現在、微熱はありますが、一日も早い回復を目指し、療養に努めております。
また、他メンバーならびにスタッフに関しましても、感染拡大防止措置を講じてまいります。

引用元:https://www.ketsume.com/

リョージさんのコロナ発症について時系列でまとめてみました。

  1. 3月22日に発熱の症状
  2. 3月30日にPCR検査を行う
  3. 3月31日にコロナ陽性と診断

4月1日以降は微熱の症状がありますが、回復に向けて療養中とあります。

公式サイトには感染経路についての詳しい記載はありませんが、アーティストという職業なのでさまざまな人達と関わり合いを持つと思います。

普通の一般企業に勤めているとその会社の決まった人としか接しませんが、芸能界や音楽業界は自分が所属している事務所の他にもさまざまな会社の人達と接して仕事をしなければいけません。

一般企業とは違いテレワークで仕事をするわけにもいきませんし、仕事を休むわけにもいきません。

テレビ局にいけばスタッフやカメラマン、ディレクター、数えきれない人達と接しないといけないので感染経路を調べるのはかなり難しいと思います。

仕事だけではなく、仕事終わりにご飯を食べに行ったり、華やかな夜の街に繰り出すかもしれません。

リョージさんのプライベートなことはまったく知らないのでなんとも言えませんが、一般的な仕事をしている人よりも芸能人やアーティストの方がよりたくさんの人たちと仕事をするので感染リスクはかなり高まると思います。

リョージさんの感染経路についてまた新しい情報が入り次第、追記します。

スポンサーリンク

ケツメイシRYOJI(リョージ)の濃厚接触者は誰?

次に気になるのがケツメイシRYOJI(リョージ)さんがコロナウイルスに発症してからどんな方達と濃厚接触をしたのかだと思います。

コロナウイルスに感染してからどれくらの人たちと仕事をしたのかは分かりませんが、感染発覚するまでに仕事をしていると思います。

公式サイトには濃厚接触者について一切触れていませんでしたが、22日に発熱の症状が出てくるまでに仕事をしていたわけですよね。

有力な情報は一切出ていませんが、メンバーやマネージャー、事務所関係者の人とは少なからず接触していたと思います。

仕事関係だけではなくプライベートの友人、知人、家族とも接触していると思うので、本人の口から濃厚接触者は割り出されていると思います。

一番、感染リスクが高いのは家族→メンバー→マネージャー→事務所関係者→友達だと思いますね。

ケツメイシRYOJI(リョージ)さんの濃厚接触者についてまた新しい情報が入り次第、こちらに追記します。

ケツメイシRYOJI(リョージ)のコロナ感染についてSNSでは?

次にケツメイシRYOJI(リョージ)さんがコロナ感染したことについてSNSではどのようにツイートされてるのでしょうか。

まとめ

ケツメイシRYOJI(リョージ)さんのコロナ感染経路はどこなのか、そして濃厚接触者は誰なのかについて詳しくご紹介しました。

ここ数日間、芸能人のコロナ感染ニュースが多くなってきているのでいよいよヤバイなと思ってきました。

海外と比べると日本はまだましという声も聞こえますし、若い人達にとって他人事のようにも感じます。

ですが今後、オーバーシュートし医療崩壊になってしまった時に自分の大事な人を失ってしまう可能性もあります。

そのことを念頭に入れて毎日を生活しないといけません。

オーバーシュートとかロックダウンとか横文字言われてもわからねーよって感じですけど、ほんの少しだけ家から出るのを我慢すれば感染リスクはかなり減ってきます。

一刻も早く、コロナが終息してくれるよう願っています。

スポンサーリンク

関 連 記 事

シェアする

フォローする